ミニブタはなつくの?知能はどれくらい?しつけや育て方の注意点

スポンサーリンク



「ミニブタを飼いたいけどなついてくれるかな?」

ミニブタと楽しい生活をおくりたいですよね。

ミニブタは「知能が犬以上」と言われるほど賢い動物です。

ペットとしてむかえた初日からしつけを開始することでミニブタとの信頼関係を育むことができ、良好な関係を築けます。

ただし、しつけ方には注意が必要です。

 

 

この記事では、ミニブタがなつくための育て方やしつけの注意点について分かりやすく解説します。

ぜひ最後までお読みください。

 

 

スポンサーリンク



ミニブタの知能は?

ミニブタは「知能が犬以上」と言われるほど頭の良い動物です。

きちんとしつけを行うことで、決まりごとを理解してくれます。

筆者はミニブタの飼育経験がありますが、「お手」や「お回り」、「待て」などを覚えてくれます。

トイレトレーニングをすることでトイレの場所も覚えてくれます。

一度トイレの場所を認識してくれれば、その後は同じ場所で排泄してくれるので掃除がとても楽です。

 

 

ミニブタがなつく育て方とは?

ミニブタに「この人の言うことを聞けば良いんだ!」と思ってもらえれば、しつけも楽になりますし信頼関係も築けます。

しつけする上で注意したい点は「しつけは幼い頃から行う必要がある」ということです。

幼い頃のミニブタは小さくてとてもかわいいです。

その魅力的な可愛さに「小さいうちは多少のわがままも大目に見てあげよう!」とついつい甘やかしてしまう飼い主さんも多くいます。

その気持ちは分かりますが、甘やかしてしまうとミニブタは「何をやっても良いんだ」と思ってしまい、わがままな性格になってしまいます。

小さいうちはそれでなんとかなっても、ミニブタは成長すると40~100キロほどまで大きくなるので飼育をする上で大変苦労することになります。

子どもは重さや力で負けてしまうため、ひどい場合は転倒事故やケガにつながる可能性もあります。

大人でも手に負えなくなってしまう恐れがあります。

そうならないためにも、ペットとして購入時からしつけを行って育てることが大切です。

 

 

しつけ方のコツと注意点

しつけする際は、ほめて覚えさせるようにしましょう。

厳しく叱ったり叩いたりすることは厳禁です。

ミニブタがストレスを抱えてしまい、病気の原因になります。

ほめる際は声をかけて撫でてあげましょう。

ミニブタを見つめて身体を触ってあげることは、ミニブタとのコミュニケーションを築く大切な時間にもなります。

普段からコミュニケーションをとることで、ミニブタの様子や身体に異変がないかどうかも確認できます。

しつけが成功した場合におやつをあげるのも効果的です。

ただし、おやつの与えすぎには注意しましょう!

おいしそうに餌を食べる姿は非常に愛らしくミニブタの魅力の一つですが、食べすぎは病気にもつながります。

度を越さない量を与えるようにしましょう。

ほめて育てることによって、ミニブタは決まりごとを理解できるようになります。

また「優しく声をかけられることや撫でられることが心地のよいものだ」と認識するようになります。

良好関係を築くことは、ミニブタがなつくことに繋がります。

しつけはミニブタと良好な関係を築くための大切なコミュニケーションです。

注意点に気をつけながら幼い頃からしつけを行いましょう。

 

 

スポンサーリンク



ミニブタはなつくの?知能はどれくらい?しつけや育て方の注意点【まとめ】

ミニブタは飼い主になつきます。

ミニブタは頭の良い動物です。

ペットとしてむかえた初日からしつけをすることでミニブタとの信頼関係を育むことができ、良好な関係を築けます。

しつけする際は、ほめて覚えさせるようにしましょう。

ほめる際は声をかけて撫でてあげましょう。

ほめて育てることによって、ミニブタは決まりごとを理解できるようになります。

また「飼い主から優しく声をかけられることや撫でられることが心地のよいものだ」と認識するようになります。

良好関係を築くことは、ミニブタがなつくことに繋がります。

しつけはミニブタと友好な関係を育むための大切なコミュニケーションです。

楽しい共同生活を送るためにも、幼い頃からしつけを行ってミニブタを育てましょう。

ミニブタ

Posted by miki